診療内容

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは歯を失った部位に生体親和性の高いチタン製の独立した人工歯根を顎に埋入し、骨としっかりと結合させることで、天然の歯と同等の審美性と機能性を蘇らせる最先端歯科治療です。

審美性に優れており、仕上がりが自然です。
食べ物を噛んだ際も感触がしっかりと顎に伝わり、歯茎が痩せてしまう心配がありません。

また、チタンは人体と結合しても金属アレルギー反応を起こさないため、安心して埋め込めます。

さらにインプラントは、埋入後も定期的なメンテナンスを行えば、半永久的に使用できるため、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラント治療のための医院選びのポイント

歯科用CTなどインプラント治療に必要な設備は備わっていますか?

歯科用CTなどインプラント治療に必要な設備は備わっていますか?

インプラント治療は顎の骨に穴をあけ、インプラント体を埋入することが必要です。そのため、事前にしっかりとした診査・診断が必要です。

通常CT撮影を行っている医院でも、他の施設にCT撮影に行かなくてはならない場合がほとんどです。インプラント治療を行うのであれば、医院に歯科用CTが備わっていることが望ましいです。

インプラントドクターの技術・実績は?

インプラントドクターの技術・実績は?

インプラント治療は講習会に参加することで、手術ができるため、技術力に大きな差が出てしまいます。

インプラント治療をする上で、ドクターがどんな治療を得意としているのか、実績はあるか、専門的に勉強しているかなどは重要になってきます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

  • 安定した噛み合わせを比較的長く保てる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げられる
  • 咀嚼能力(かみ合わせの力)が高いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばれる
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配がない
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わり衰退を防止できる
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせられる

インプラントのデメリット

  • 個人差によるが、ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる
  • 手術になるので、状態により適応とならないケースもある
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる(少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)
  • 比較的費用がかかる

All-on-4(オール オン フォー)

All-on-4(オール オン フォー)

総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入する手術のことです。その日に固定式の仮の歯をいれますので、すぐに噛めます。また、機能面だけではなく、審美的にも自然です。もちろん入院の必要はございません。
以前は片顎で14本歯がない総入れ歯の方の場合、インプラントを10~14本埋め込む手術が必要でした。本数が多いと、手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用もかさみます。しかし、最近の研究で、特殊な技術を用いて埋め込めば、日常生活に必要な12本(片顎)の人工の歯を支えるために必要なインプラントは、4~6本にできることがわかったのです。必要最少本数で、上または下の歯をすべて支える技術がAll-on-4です。

インプラント料金表

インプラント 1本 250,000円
All-on-4 1,000,000円

予防メンテナンス

予防歯科とは

予防歯科とは

痛くなる前の予防が大切!

これまで歯医者へは「歯が痛くなってから行く」という方が多かったのではないでしょうか?確かに歯医者では痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。

歯は一度削ってしまったら、もう元には戻せません。近年は虫歯や歯周病にならないための予防歯科が重視されています。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前のケアを心がけることが大切です。

虫歯の原因はバイオフィルム

虫歯の原因はバイオフィルム

歯間や歯と歯茎の境目には、歯ブラシでは落とすことの難しい細かな汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき、放っておくと虫歯や歯周病、口臭、全身の様々な病気の原因となってしまいます。

バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。

PMTC

PMTC

プロによる徹底的なクリーニング「PMTC」

PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かない箇所ができてしまうため、磨き残しが出てしまいます。PMTCを行うことで、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保てます。

PMTCの手順

1.チェックと歯間の清掃

チェックと歯間の清掃

歯肉にどんな問題があるかチェックし、歯石を取り除きます。その後、研磨剤と円錐形のゴムチップで歯間を磨いていきます。歯肉のマッサージ効果も期待できます。

2.クリーニングペーストを塗り研磨

クリーニングペーストを塗り研磨

歯の表面・歯の間・歯の付け根の部分にクリーニングペーストを塗り、専用の器具で磨いていきます。歯の表面と裏側、歯茎の間を研磨し咬み合わせ面の溝もきれいにします。

3.お口の中を洗浄

お口の中を洗浄

消毒液を含んだ洗浄液で、お口の中をきれいにして、歯肉ポケット内や歯についた研磨剤をきれいに洗浄します。

4.フッ素を塗布

フッ素を塗布

虫歯や歯周病の予防になるフッ素化合物を塗り終了です。

定期健診でしっかり予防を行いましょう

定期健診でしっかり予防を行いましょう

今や歯科医療の主流は、「治療」から「予防」になりつつあります。悪くなってしまったところを治療するのはもちろん大切なのですが、それだけでは「悪くなっては治療し、また悪くなっては治療し」の繰り返しになってしまい、健康な歯がどんどん少なくなってしまいます。

大切なのは「これ以上お口の健康が損なわれないような口腔環境をつくること」なのです。 現在痛みを感じている方はもちろん、そうでない方も定期的にチェックしていただくことをおすすめしております。

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは

口を開けた時や閉めた時に「カクッン」「ギリギリ」などと音がすることはありませんか? 口が開けづらかったり、顎が痛くなったりなど、これらの症状は顎関節症(がくかんせつしょう)の可能性があります。

顎関節症は異常な噛み合わせが、顎の間接に障害を起こします。最近では、小中学生など低年齢化する傾向にあり、現代病のようになっています。

顎関節症の主な症状

  • 大きく口を開けると「カックン」という音がする
  • 大きく口を開けると関節が痛い
  • 朝起きると口が開かない時がある
  • 口の開閉がスムーズにいかない

当院にご相談ください。

顎関節症は、子ども~高齢者まで幅広くみられる病気ですが、特に20~30代の女性に多く見受けられます。顎関節症が原因で、肩こりや、難聴、手足のしびれなど、様々な体の不調に、つながっていくこともあります。

明らかに歯並びの悪さが原因の場合には、矯正治療(歯並びの治療)で治療を行なうこともあります。お気軽にご相談ください。

当院にご相談ください。

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは

審美治療とはただ歯の形を整え、白くすることだけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。最先端医療技術を駆使し、バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔を創りだすことを目的とした治療です。

審美歯科とは

セラミック治療

セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にできます。

オールセラミック

オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作れます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。

オールセラミック

メタルボンド

メタルボンドとは金属のまわりにセラミックを貼り付けたかぶせものです。中側が金属なので強度はオールセラミックより上がります。表面はセラミックで出来ているため、自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯茎の変色や金属アレルギーが起こるケースもあります。比較的強度が必要な個所の治療に適しています。

メタルボンド

審美歯科料金表

オールセラミック 80,000〜150,000円
メタルボンド

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話かWEB予約システム、お問い合わせなどは、
下記お電話番号からお問い合わせください。

TEL:023-651-3966 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 最終受付18:30 土祝 9:00~13:00 14:00~18:00 最終受付17:30 休診日 日曜日

診療予約はこちら 土曜日・祝日に
ご予約のお客様へ