福田歯科クリニック 電話番号023-651-3966

インプラント

インプラントとは

インプラントとは
インプラントとは歯を失った部位に生体親和性の高いチタン製の独立した人工歯根を顎に埋入し、骨としっかりと結合させることで、天然の歯と同等の審美性と機能性を蘇らせる最先端歯科治療です。

審美性に優れており、仕上がりが自然です。
食べ物を噛んだ際も感触がしっかりと顎に伝わり、歯茎が痩せてしまう心配がありません。

また、チタンは人体と結合しても金属アレルギー反応を起こさないため、安心して埋め込むことができます。

さらにインプラントは、埋入後も定期的なメンテナンスを行えば、半永久的に使用できるため、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラント治療のための医院選びのポイント

歯科用CTなどインプラント治療に必要な設備は備わっていますか?

歯科用CT
インプラント治療は顎の骨に穴をあけ、インプラント体を埋入する事が必要です。そのため、事前にしっかりとした審査・診断が必要です。

通常CT撮影を行っている医院でも、他の施設にCT撮影に行かなくてはならない場合がほとんどです。インプラント治療を行うのであれば、医院に歯科用CTが備わっていることが望ましいです。

インプラントドクターの技術・実績は?

インプラントドクターの技術・実績は?
インプラント治療は講習会に参加することで、手術をすることができるため、 技術力に大きな差が出てしまいます。

インプラント治療をする上で、ドクターがどんな治療を得意としているのか、実績はあるか、専門的に勉強しているかなどは重要になってきます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることができる 
  • 咀嚼能力(かみ合わせの力)が高いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができる
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配がない 
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わるり衰退を防止することができる
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができる

インプラントのデメリット

  • 個人差によるが、ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる
  • 手術になるので、状態により適応とならないケースもある
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる(少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)
  • 比較的費用がかかる

ALL ON 4(オール オン フォー)

サンプル画像
総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入する手術のことです。その日に固定式の仮の歯をいれますので、すぐに噛むことができます。また、機能面だけではなく、審美的にも自然です。もちろん入院の必要はございません。
以前は片顎で14本歯がない総入れ歯の方の場合、インプラントを10~14本埋め込む手術が必要でした。本数が多いと、手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用もかさみます。しかし、最近の研究で、特殊な技術を用いて埋め込めば、日常生活に必要な12本(片顎)の人工の歯を支えるために必要なインプラントは、4~6本にできることがわかったのです。必要最少本数で、上または下の歯をすべて支える技術がALL ON 4 です。